遺産を相続するときは「うっかり脱税」に要注意

遺産を相続するときは「うっかり脱税」に要注意 故人から財産を相続する際には事前の準備が物を言います。
遺産は親族の生活を助けてくれる貴重な存在であると同時に、時として大きなリスクを伴うものです。
適性な相続処理が行わなければ課税が追加されることも珍しくありません。
頻発しているケースとしては、把握していない遺産が見つかり税務署に指摘されることがあげられます。
たとえ悪意がなかったとしても結果的には脱税です。
こうなれば法律に定められた税金を余分に支払う羽目になり、せっかくの財産も目減りしてしまうことになります。
また相続税そのものを認知していない人も多く、後から厳しく指導されることもしばしばです。
こうした事態を防ぐためには遺産を残そうとする本人が相続に対する備えを進めておくことが大切になります。
まずは自分の所有している財産をしっかりと把握して、その後遺言書を残しておくことが基本です。
手続きや必要になる資料が膨大になることも予想されるため法律の専門家に助力を仰ぐことは欠かせません。
適切なアドバイスに従って準備を進めていけば、煩雑な作業も分かりやすくなり迅速化が図れます。
もしも意思の疎通が図れない状態に陥ってしまえば事態の混迷化は避けられません。
早めに大事なことを済ませておくことが、遺族間のトラブルを防止する秘訣です。

相続の話し合い…委任状の書き方

相続の話し合い…委任状の書き方 相続の際は、複雑な手続きがたくさんあり多くの手順を一つずつ踏むことが求められます。
このような時には、法律の専門家に諸手続きを依頼する方法があります。
手間が省ける上に間違いなく手続きが行えるので、利用する方も多くいらっしゃいます。
この際に必要となるのが委任状です。
委任状には、委任される専門家の住所氏名をはじめ、登記申請の目的やそれに伴う日付および原因を明記します。
また、被相続人の住所氏名や対象となる不動産の表示、対象の範囲なども細かく記載されます。
なお、記載する署名は必ずしも直筆でなくても問題ありません。
記載する要件を満たしていれば、パソコン等を利用してご自身で作成することも可能です。
相続の諸手続きで実印が度々登場しますが、この場合に押印する必要はありません。
実印を押印する必要があるのは、その所有権を放棄する側の人とされている為です。
作成する場所については、公正中立な第三者の立ち合いも義務付けられていませんので、自宅で作成して郵送等で司法書士等の専門家に渡すこともできます。
委任状は大変重要な書類で難しそうな印象を受けてしましますが、きちんとポイントを理解して押さえておけば、作成も容易です。

相続には遺産分割協議書の作成が必要になります

土地や不動産、預金などを所有する人がなくなったときは名義を変更する必要があります。このような相続をする人のことを相続人と呼びます。その人が遺産をどのように分割するかをさだめた文書のことを遺産分割協議書といいます、作成するにあたっていくつかの注意点があります。まずは相続人全員の印鑑が必要ということになります。
ですから子供の人数が多いとか、婚姻が何度も行われた、認知した子供が別にいるなど人間関係が複雑になると、どこまでも相続人の所在を探すことになりいつまでたっても、遺産分割協議書が作成できないということになります。
さらには、人数が多くなったり財産が多い少ないに限らず、だれがどの程度もらえるのかということで、もめることが多くなります。ですからもめることを避けたいのであれば、財産の所有者が生前に遺言書を用意しておいたり、生前贈与などをしておくと、トラブルを避けることができます。その場合も弁護士や税理士などに資産について適切なアドバイスをうけるといいでしょう。

相続問題を法律事務所の弁護士に相談することのメリット

家族の集まりにも参加せず何事においても非協力的だった長男が急に出しゃばってきて遺産を全て一人占めしようとしている、突然のことだったので遺言書は残されておらず兄弟間で話し合っても話がまとまらず遺産分割協議が一向に進まない、売れないであろう不動産や借金があるので相続放棄も選択肢に入れなければならないなど、遺産相続にまつわる問題があり解決できずに困っているという方は多いのではないでしょうか。
そんな方の問題に寄り添い迅速に解決できるよう手助けしてくれるのが弁護士です。法律事務所の弁護士に相続問題の相談をすることによってもたらされるメリットとしては、遺言書が無くても遺産分割協議書がスムーズに進み第三者に問題解決を依頼することで冷静になれる、大切な家族が亡くなってしまい悲しみを堪えながら役所の手続きや遺品整理などをしている時期に物理的負担が軽くなり精神的にも楽になる、プロの目線から様々なアドバイスをしてもらえて各種手続きも代行してくれるなどがあります。

法定相続人も知らなかった故人のFX口座で追証金が発生した時

個人投資家人口の増加とともに、実際の証券会社の店舗に出向かなくとも、WEBから口座の申し込みや売買が簡単にできる、オンライン証券の人気が高まっています。
便利ではありますが、故人が生前にオンライン証券口座を開設していることを周囲に知らせていなかった場合、全ての相続手続きが終わってから口座の存在や遺産に気づくこともあり遺族は注意が必要です。気づくきっかけとして多い理由が、FX口座で追証金が発生し証券会社から支払いの連絡が来て、初めて故人がFX取り引きをしていたことを遺族が知るケースです。
オンライン証券は確定申告に必要な年間取引報告書さえ、郵送ではなくWEB上からダウンロードする形式なので、遺族が口座の存在に何年も気づかないままということも少なくてありません。わざとFX口座の存在を隠していたわけはでないなら、特に莫大な課徴金がかせられるわけではなく、追証金は負債なので相続を放棄することもできます。

相続の法的手続きは弁護士や司法書士に依頼するべき

日本は超高齢社会に突入し、高齢者の割合がどんどん高くなっています。ただ、人の寿命には限界があるので、今後は亡くなる方が増えてくると予測されています。親などが亡くなった場合、相続の問題が発生します。そこで、相続の法的手続きについてアドバイスがあります。それは法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼することです。
正しく手続きができていないと効果が発生しないケースがあるため、よく分からないのに適当に行ってしまうのはダメです。弁護士などであれば詳しい知識を持っているので安心です。また、相続は遺産トラブルなどが発生する可能性があるため、トラブルを解決してもらうことができるメリットがあります。注意点は相続分野を得意としている弁護士や司法書士を選ぶことです。不得意にしている人を選んでしまうと、上手く解決できない可能性があります。費用が少し高くなっても、信頼して任せることができる弁護士などを選ぶべきです。

相続の問題は頼れる弁護士に解決してもらう

遺言書が無いので遺産分割協議が難航し言い争いが絶えず泥沼化する、故人が多額の謝金を抱えていたことが判明し売るに売れない不動産もあり相続放棄を考えなければならない、父親が他界し残された母親の面倒をみることを条件に遺産を多くもらおうとする長男が鬱陶しいなど、相続にはありとあらゆる厄介な問題がつきまといます。
相続が決定しないと進められない手続きもたくさんありますので、問題はなるべく早めに解決しなければなりません。
遺産分割協議が進まずこじれてしまった場合は、頼れる弁護士に相談すべきです。
法律事務所の弁護士に相談すれば的確にアドバイスしてくれますし、各種申請書の作成や手続き代行もしてもらえるので物理的負担が軽減され、時間的な余裕と気持ち的な余裕が生まれます。
法律事務所選びをする際は、相続に強い弁護士がいるかどうかが大事な比較ポイントとなります。頼れる弁護士を味方につけて、問題の早期解決を目指しましょう。

相続問題を早急に解決したいなら弁護士に相談

遺言書が作成されておらずそれに相当するメモなども一切残されていないので遺産分割協議が進まず滞っている、久しぶりに兄弟が全員集まったのに遺恨が残るほどの大喧嘩が勃発して最悪の雰囲気になってしまった、長男が自己中心的な振る舞いで遺産を独り占めしようとするなど、第三者が介入しないと解決できそうにない相続問題を抱えた場合、法律事務所の弁護士に相談して解決してもらうのがベストな選択です。
弁護士に相続相談をすることのメリットについてですが、遺産分割協議が円滑に進み名義変更や不動産登記など早めに次のステップへと移行できる、価値が無い売れない不動産の処分の仕方などを細かくアドバイスしてくれる、各種手続きを代行してもらえるので物理的な負担と精神的ストレスが軽減されるなどがあります。
役所への届出や色々なサービスの解約や遺品整理や各方面への通知など、家族が亡くなった後はやることが山積みです。弁護士の力を借りて負担を少しでも減らしましょう。

相続の権利が取り消しになるのはどんな場合か

法定相続人は、民法に基づき故人の遺産をもらえる権利を持ちます。しかし、場合によってはその権利が取り消しになることがあります。まず遺産を独占しようと他の相続人の命を奪ったり、奪うことができなくても凶行に及び刑に処されると権利を失います。自分が手を下さなくても、犯人を知っていて黙っていたら同様の対応になります。
あとは、被相続人に遺言の内容を変えさせようと恐喝や詐欺を行おうとしていたとか、行ったというときも対象です。自分に不利になる遺言を、隠したり捨てたりするのも駄目です。
ここまでのことは強制的に権利を失う行為であり、一度決定したら権利を復活させることは不可能です。
それに対して、被相続人の意思で取り消されることもあります。虐待や屈辱を与えたとか、ギャンブルで借金をした、犯罪を行った、不貞行為をした、財産目当てで結婚をしていたといった場合です。

ただし、そのためには家庭裁判所への申立などやるべき手続きがあります。こちらは、やってしまったことを許してもらい権利を復活させることができます。

相続に関してはセミナーに参加して色々と情報を集める

自分の死後財産のことで身内で諍いが起こるのではないかと心配している人がいますが、その場合には遺言書を作成すれば良いのでそれほど心配することはないです。
ただ遺言書は書き方を間違えると大変なことになるのでこの点に関しては注意する必要がありますが、今では弁護士などが無料でセミナーを開いているのでそういったところに参加するのも一つの方法です。
大切なことは相続について関心を持つことでそれにより様々なことを知ることができますし、金銭問題だけではなく不動産の問題などについても勉強することができます。
今まで懸命に働いて貯めて来た財産をどうするか考えるのはとても良いことでそれにより色々なことが分かりますし、相続に関しても様々な知識を学ぶことができるのでこれほど良いことはないです。
ですので分からないことがあったらセミナーなどに参加して専門家から話を聞いて、大切な自分の財産はしっかりと考えるようにした方が良いです。

相続出来る人は何親等まで認められているのか

相続の時に気になるのが何親等までが相続人として認められているかですが、まず必ずなるのが配偶者で内縁関係・事実婚関係のカップルに対して一定の保護はありますが、法律上の配偶者だけが法定で決まってます。常になりますが、血族の中で一番順位が高い人と共に行うのが原則です。
第一順位は直系卑属(子や孫)で、胎児・認知した非嫡出子・養子縁組をした養子なども当てはまります。
一人でも子供がいる場合は次の順位の人には権利は与えられません。子供が多数いるときには第一順位の権利を等分して分け合い、血縁の有無・年齢などの差別はなく全員が等しい割合です。既に子供が亡くなっているときには孫が代襲します。
第二は父母・祖父母で、子供や孫がいない場合で、父母が健在なら父母の方が優先されて、実の親以外に義理の親も含まれます。
第三は兄弟姉妹で、これは子・孫・父母・祖父母もいないときで、被相続人の配偶者の兄弟などは原則権利はないです。兄弟姉妹だと直近1代に限って代襲が認められていて、甥姪まではなる可能性はあっても異母・異父の兄弟姉妹だと少なく設定されてます。

相続にあたっては負の遺産がないかどうかを確認する

相続といえば亡くなった人が生前に持っていた財産をその血縁者が受け継ぐことであり、かならずメリットがある行為ととらえられがちですが、実際にはそうともいいきれない部分があります。たしかに現金や預貯金、国債や株式などはすべて価値ある遺産であり、たとえ相続税を支払ったとしても手元に残る部分は多いはずです。
しかし生前の借金で返済しきれていない部分であったり、別の人のためにした連帯保証人の契約にもとづく債務であったりと、なかには負の遺産とも呼べるものが存在していることはたしかです。
これらの負の遺産も何も手続きをしなければ同様に相続をすることになりますので、かえって本人のものではない負債を抱えて困難に直面してしまうケースがあります。
このようなことを防ぐためには、まずは遺産としてどのような内容のものが含まれているのかをしっかりとチェックしておくことがたいせつです。その上で負の部分のほうが多ければ、裁判所で相続放棄の手続きをすることも考えられます。

相続トラブルを避けるために認知症対策が重要

家族であってもお金が絡むことでトラブルになるケースが多く、その中でも相続に関するトラブルは多く存在しています。血のつながった親子や兄弟であっても、お金が絡む事で衝突になる場合が多いことを理解しておく事が大切です。
そのため自分自身の財産の相続問題にならないために、対策しておくポイントとして認知症対策があります。遺言書を残しておけば大丈夫と考える人もいますが、遺言書を書いた際に認知症だったから無効と判断されてしまうケースも多いです。
そうならないためにも遺言書を作成する前の対策として、医師に判断してもらい意思能力があるとされる診断書を出してもらうという方法があります。
また診断書と共に、遺言書を作成するさいは管理も含めて第三者に依頼できる任意後見制度などの利用などもポイントの1つです。
お金が絡むとどうしても人はトラブルになることを理解し、自分の遺産を自分の意思でどのように残すのか、その意見が通るように対策しておく事が重要といえます。

相続トラブルを回避するための遺言書制作のポイント

遺産などを相続する場合に、残された遺族間でトラブルになる事はとても多いです。そのため自らの遺産をどのように残すのか、明確に意思を残す方法として遺言書の制作は有効的となります。
残された遺言があるからこそ相続に関するトラブルを回避する事ができ、問題なく遺産を分ける事ができるケースも多いです。
ただし遺言書を作る上で抑えておくべきポイントも多くあるので、しっかり対策した上で残しておく事が重要になります。
まず遺言に残したからといって全てが有効というわけではなく、必要な手続きなどが必要なので法律に基づいて作る事が大切です。残せる内容などもなんでも良いというわけではなく、法律に定められた内容のみに限定されるという点もあります。
遺言を残すためには遺言能力も求められるので、年齢なども考慮して作るという事が大切です。1人で全て作成するのは困難なので、プロの方に依頼するなどして制作するのが安全であり確かな方法ともいえます。

相続対策は早い時期から始めるのがおすすめ

相続税の対策をするのなら、早い時期から始める方がお得になります。逆に言うと亡くなってしまった後だと、できることは限られてしまいます。
例えば財産を生前贈与する場合には贈与税がかかりますが、年間110万円以内であれば贈与税はかかりません。それを何年も続けていけば、かなりの節税効果が期待できます。亡くなる直前に初めてもあまり大きな効果はないので、早い時期から始めることが重要です。
また、相続の際に節税対策として養子縁組をすることがありますが、亡くなる直前に養子縁組を行うと税務署から不審に思われることもあるので注意が必要になります。被相続人の意志に反して勝手に行ったのではないかと勘繰られることもあるからです。
思わぬトラブルを引き起こす要因になるので気を付ける必要があります。少しでも節税対策をしたいという時は、税理士など専門家に相談してみるのがおすすめです。どんな対策が有効なのかをアドバイスしてくれます。

相続税を安く抑える秘訣は?いざという時に焦らないために!

相続というとなんだか大変そうというイメージを持っている方も多いですよね。祖父母や両親が亡くなった時はお葬式、遺産整理と慌ただしくすぎていくものです。人間、悲しい時には良い判断ができなくなってしまいます。前々から相談し備えていくことが大切です。今回は相続税を安く抑える秘訣と題して、相続について学んでいきましょう。
まず、有名な物としては生前贈与を活用するという手段があります。ただし、税務署によって贈与でなく相続と認定されてしまうこともあるため、銀行振り込みにする、書面でいくら渡したか残しておくなど対策が必要になります。
さらに良い方法としては、生命保険にかけるという方法があります。本人名義の生命保険にしておいて受取人を子供や孫にしておくと500万円までは非課税となります。また、保険料支払い者を受取人にしておけば、保険金受け取りは一時所得扱いになりますので、支払い人を確認して生命保険に投資しておくというのは良い方法でしょう。
また、子供や孫に生命保険をかけるという手段もあります。この場合は故人が死亡した時点での解約払い戻し金に対して課税がされます。解約払い戻し金が低額である保険に加入しておけば節税になります。

血の繋がった実子の相続順位は高く定められている

血を分けた実の子供である実子は相続において順位が高く、父や母の遺産を受け取ることができます。
配偶者が存命の場合には2分の1を割合として認められ、配偶者が存命ではない場合にはすべてを取得することになるでしょう。もちろん複数人の実子が相続人として存在している場合には、それぞれ均等に割り振るなどの計算をする必要があります。親族関係がスムーズである場合、実の子供が親の遺産を相続することに問題は発生しないはずです。一方で実の子供ではなく養子であった場合にも、同じように遺産を受け取ることができる場合があります。養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組が存在しており、それぞれ遺産の受け取りについて違いがあります。普通養子縁組の場合は実親と養親の両方の相続人となり、特別養子縁組の場合には実親の遺産はもらうことができません。きちんと手続きをしてあれば、遺産をもらえる立場としては、実の子供も養子もそれほど違いがないということになるでしょう。

相続で問題が生じないようにするために遺言状を

自分が亡くなった時に遺産争いにならないかと不安になることはありませんか。万が一に備えておくという必要があるのかもしれません。また、遺産争いにはならなくても、自分の財産をどういう風に使って欲しいのかという希望がある人も多いのではありませんか。一番介護を頑張ってくれた人に多めに遺産を配分して欲しいというようなこともあるでしょう。相続の際に問題が生じることは珍しくはありません。だから、遺言状を残しておきませんか。
スムーズに相続できるようにする良い方法ですが、書き方を間違えてしまうと無効になりますので注意が必要です。書面で残すことになりますが、自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言とがあります。いずれにしても日付や印鑑などがないと有効にはならないので注意してください。遺族に遺産を相続したくないということもあるかもしれません。遺留分が分け与えられることはありますが、遺言状に寄付したいことなどを書いておくとその通りになります。

相続開始から期限10か月で最初に着手すること

最初に着手するのは、まず遺言書の有無を確認することです。今後あらゆる手続きが遺言状の有無で左右されます。ある場合は分配内容が記載されていて、被相続人の全財産も把握できます。遺言状が無い場合は故人の全財産を負債も含めて漏れなく調べます。次に故人の戸籍謄本を手に入れます。
役所に行き使用目的が相続である旨を伝え、原戸籍も手に入れます。これですべての相続人が把握できます。
各相続人は自分の戸籍謄本と住民票と印鑑証明も手にいれましょう。住民票にはマイナンバー記載のものが良いです。
ここで重要なのは、すべて一度に数部入手することです。故人に金融資産が3か所にある場合、戸籍謄本と印鑑証明と住民票のコピーでは無く原本がそれぞれ計3部必要な場合があります。
その他に土地や有価証券など、そのつど原本が必要になる場合があるので、全財産を把握後に手続きする必要のある分を一度にまとめて取得することをお勧めします。
土地の名義変更が必要な場合は、故人が亡くなったと記載された故人の住民票も必要です。
遺言状が無い場合は、遺産分割協議書を作成することになります。手続きを弁護士や税理士に依頼する場合でも、戸籍謄本などの公簿の取得は自分で行う必要があります。

負債のある人が亡くなった場合に使われる相続放棄

借金のある人が亡くなった場合、残った負債も相続の対象となります。借金などの負債もまた遺産の一部として扱われるため、相続人は財産以上の借金を抱えてしまう可能性もあります。
この場合は亡くなった人に代わり、借金の返済をしていくことになるでしょう。
受け取る予定の財産よりも借金が多い場合には、相続放棄という方法を使うことができます。家庭裁判所に相続放棄の申立を行うもので、申立が認められれば放棄することができます。ただし基本的には放棄には借金だけではなくその他の財産も含まれるため注意が必要です。
プラスの財産だけを受け取り、借金は放棄するということはできないため、申立をする際には収支について十分に考慮することが重要です。
また、いつでも申立ができるわけではなく、3ヶ月の期限が設けられています。
この期限を過ぎると放棄はできなくなってしまうため、家族や親族とは普段から財産について話し合いをしておくことが大切になります。

相続における代襲相続とは何か。その詳細について。

代襲相続とは、財産を残して亡くなった人の子が既に他界している場合に、亡くなられた人の孫や甥・姪が相続人になることを言います。
この範囲は2つあります。①死亡した相続人の直系卑属の場合②死亡した兄弟姉妹の子の場合です。 ①の場合、養子であっても実子と同じ扱いになりますが、養子の子が対象になるかは生まれた時期により異なります。養子縁組の後に生れた養子の子は直系卑属となりますが、縁組の前に生まれたいわゆる連れ子の場合は直系卑属にはなりません。
②の場合、仮に兄弟姉妹の子である姪・甥が既に亡くなっていたとしても、その姪・甥の子供はこの範囲には含まれません。
また、相続人の死亡以外でも、相続欠格や排除で権利を失った場合も含まれます。欠格とは、遺言書の偽造や破棄をした場合、詐欺または脅迫によって遺言書を作成させるなどの犯罪行為や不正をした場合に権利を失う制度です。
排除とは、亡くなった人に対して虐待をした場合などに亡くなった人が家庭裁判所に請求したり、遺言に書いたりして権利を失わせる制度です。
もっとも、放棄をした場合は含まれません。 なお、代襲相続人が受け継ぐ財産の範囲は、被代襲者の分をそのまま引き継ぎます。

有価証券の相続に対する話し合いがうまくいかない場合

相続の時に親族間でトラブルが発生する理由の一つに株式や有価証券の取り扱いをどうするのかで、話し合いがうまく進まないといった問題があります。
売却して現金を確保し、親族間で遺産遺産分割協議を行うのか、あるいは株や証券をそのまま1人の人に相続させるのか、判断が分かれるからです。
どうしても話し合いが難しい場合は、弁護士に相談するといいでしょう。弁護士であれば双方の事情を確認し、最適な問題解決方法をアドバイスします。他の親族がすべて納得したうえで遺産分割を行うことが必要となるため、まずは相続に対して詳しい弁護士に相談することが重要です。
株式などをそのまま手続きする場合は、証券会社への手続きが必要となります。基本的には名義変更となるので、証券会社へ相談して手続きを行ったほうがいいでしょう。
税金対策などをも考慮して、最適な方法で分割を行うことが親族間にとっても大変良い方法とされているため参考にしてください。

相続の時に税務調査が入る可能性はあるのか

相続税の税務調査とはどのような物なのか、具体的にどの程度まで調査をするのか気になる人は少なくありません。概略でもある程度調べておくことで、税の申告漏れなどないようにすることができます。一般的には遺産分割が発生してから約2年から3年のうちに税務署から連絡が来ることが多いです。
全ての遺産分割で税務署からの連絡が来るわけではありません。基礎控除額の範囲内で確定申告が不要な場合には、申告する必要ないうえに連絡も来ないので安心してください。
一般的に連絡が来るのは申告額を間違えている人、恋に税金逃れのために隠ぺいしている可能性が疑われている人などが対象です。
この場合、税務署職員が遺産を残した人や遺産を受け継いだ人の自宅などを訪れて調査します。突然訪れることはなく、事前に電話連絡をして訪問してくるため、映画などのようなことにはなりません。
なお、対象は相続人全員です。亡くなった方の年収に対して納税額が少ないなどの場合が対象となります。

相続税を減額するために満たさなければならない決まりごととは?

相続税の算出には、意外と知られていない決まりごとがあります。その代表的なものは、小規模宅地等の特例です。これは土地の評価額が減額される制度になります。
価格の高いエリアで土地付きの住宅に住んでいた場合は、評価額が高くなってしまい相続税を納めるために長く住み続けた家を売却する事例が多発していて、それを防ぐためにこの制度ができたのです。
特定居住用宅地等の土地を例に挙げると、330平方メートルまでの面積で条件を満たすと評価額を80パーセントも減らすことができます。
ただし子どもではなく配偶者が相続する必要があったり、税の申告期限前に売却をしてはいけないといった細かい適用要件が定められているのです。
また小規模宅地等の特例を適用させるには、税の申告書とは別に専用の書類を添付しなければならないといった決まりごともあります。
期限があることなので、締め切りが迫っている場合は、相続税の申告に特化した税理士に依頼するようにしましょう。

被相続人の死亡当時胎児だった子供は遺産を受け取れるか

遺産を受け取る人、すなわち相続人となる人の範囲は法律で定められていますが、一般的には亡くなった人の配偶者や子・孫・親などが思い浮かびます。
そしてこれらの人はもちろん、権利の発生当時に存命であったことが前提条件となります。
それでは、亡くなった当時にまだ生を享けていない人、つまりおなかの中にいた赤ちゃんはどうなるかというと、結論から言えば胎児にも相続権はあります。
通常、法律上の権利能力は人にしか与えられません。
したがって、すでにこの世にいない人やまだこの世に生まれ出ていない人は法律上の権利を有しないというのが大原則です。
しかしながら相続に関する法律には例外規定があり、故人が死亡した当時おなかの中にいれば、出生と同時に死亡時にさかのぼって権利を有すると定められています。
そのため、仮に複数の相続人がいる時は、胎児が出生してから死亡時にさかのぼって遺産分割協議を行うこととなります。
と言っても生まれたばかりの赤ちゃんが協議に参加するのは現実的でないため、その場合は法定代理人を立てて協議を行います。

相続は資産家以外の人も真剣に対応しないといけない

相続は資産家や財産がたくさんある家庭だけが意識してやることのようなイメージがありますが、実際には殆どの家庭でやっていかないといけないです。
資産価値が殆どないような家でも相続しないといけませんから、そのような家の所有者になると固定資産税などを負担しないといけなくなります。
空き家にしていても所有者になれば最低限の管理を求められますし、近隣に迷惑をかけている場合はクレームを入れられてしまうような可能性も高いです。
権利を放棄をすることでそのような価値がないような不動産を持たずに済みますが、相続が始まってから3ヶ月以内に必要書類を揃えて裁判所へ申し立てないといけません。
自力で対応するには短い期間しか用意されていませんから、基本的には弁護士にサポートをお願いしたほうが安心です。
資産家で価値がある財産をたくさんの子供などに遺産として残す場合も、基本的には専門家にサポートをお願いしたほうがスムーズに問題を解決することが可能です。
どのような家庭でもお金が関わることだけに、事前に準備をしておかないと残された家族に迷惑をかけてしまうようなことも想定できます。

相続で遺言を改ざんすると権利を失うことになるので要注意

遺産をのこして家族の誰かがなくなると、しばしば遺言をのこしていることがあります。自筆証書遺言では家族に内容を明らかにしていないことも珍しくなく、遺産整理の過程で偶然発見されることもよくある話です。
遺言の内容は基本的に自由ですが、生前の人間関係が反映されていたりすると相続人の誰しもが満足できる中身であることも想定されます。
具体的にはきょうだいの誰かに偏頗して、遺産を多く帰属させる内容であったりすると遺言の存在を障害に思う人が出てくることもあります。そこで遺言の内容に納得できないからといって、中身を改ざんしたりすると、相続権をすべて失うことになります。
特に自筆証書遺言では裁判所で検認手続きという証拠保全手続きを経由することが必須なので、改ざんしても裁判所で発覚することもあるわけです。
仮に遺言の中身に納得できないときは、遺留分を請求するなどして対処するべきであって、絶対に遺言の中身に手を加えるようなことはしないでください。

胎児がいる場合における相続関係はどうなるの?

相続が発生した場合、配偶者及び直系卑属が原則相続人となります。直系卑属がいない時は、直系尊属が権利者となり、直系卑属も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹が権利を有することになります。ちなみに配偶者は直系尊属や兄弟姉妹が相続人となる場合でも、権利を失いません。
では、故人に子である胎児がいた場合はどうなるでしょうか?この点について民法上明文の規定があります。民法886条第1項によって「既に産まれたものとみなす」と規定されています。
但し、この「産まれたものとみなす」というのは、出生後に故人の死亡時に遡って相続人たる地位を有しているという意味であり、妊娠中に母親が代理して遺産分割協議を行うことが可能というわけではありません。
従って、故人に子である胎児がいる場合、出生を待ってから遺産分割協議をする必要があります。なお出生後に、子の親権者である母親も権利を有している場合は、母親と子の関係は利益相反となりますので、家庭裁判所に特別代理人の選任を申し立てしなければなりません。

相続における遺留分減殺請求権とは何かについて

相続に関する問題は、色々な事でトラブルの原因となります。問題となるのは、被相続人がすでに亡くなっていてその意志をはっきりとすることができない点です。
トラブルを解決するためには、相続人や相続人と推定される人たちがきちんと話し合いを行う必要があるのですが、特に大きな遺産などがある場合においてはなかなか決着がつかないということがほとんどです。
特に深刻な問題が発生するのは、遺言などにより遺産が法定に定められたものと著しく異なるような配分がされた時です。そのような際に行使されるのが遺留分減殺請求権と呼ばれるものです。
具体的にどのようなことが行われるかと言うと、例えば親が亡くなった際に遺産の全てを兄弟のうちの一人に渡すような遺言があった場合、均等に分配を行った際における半分の金額を遺留分として請求することができます。
この遺留分については、関わる人によって異なってきますので注意を行う必要があります。忘れてはいけないポイントとして、兄弟の遺産の遺留分については、他の兄弟は請求できないということです。

郵送による相続税関係の申告書類の提出について

親などの故人からの遺産を受取り分配する際には様々な手続きが必要となってきます。まず必要となってくるのが、親がどのような遺産を持っているかということも確定です。
またその評価額についても明らかにする必要があります。そのようなことが明らかになった後に行うべきことが、遺言書の存在の確認です。
遺言書には、相続人に分配すべき遺産や額などについて記載がなされているのですが、そのようなことがはっきりしない場合については受取人の確定ということを行わなければなりません。このようなことが明らかとなって初めて遺産分配の手続きを行うことが可能になります。
このような手続きを行う際に、不動産などを遺産として持っていれば登記を確認したりその評価額を明らかにする必要が出てきます。
また受取人の確定の際においても、近くに住んでいない場合には様々なやり取りをしなければなりません。このような手続きにおいて書類のやり取りが必要になってきます。
これらのことに加えて、相続税の申告なども行わなければならないのですが、自分が住んでいる所と個人がなくなったところが異なるのであれば簡単に行き来することはできません。そのような際には申告書類を郵送することも可能です。

世田谷の司法書士事務所

世田谷での遺産相続に関する相談を受けてくれます

相続 世田谷

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>相続における遺留分減殺請求権とは何かについて
>郵送による相続税関係の申告書類の提出について

◎2022/7/19

情報を更新しました。
>相続で遺言を改ざんすると権利を失うことになるので要注意
>胎児がいる場合における相続関係はどうなるの?

◎2022/6/15

情報を更新しました。
>被相続人の死亡当時胎児だった子供は遺産を受け取れるか
>相続は資産家以外の人も真剣に対応しないといけない

◎2022/5/20

情報を更新しました。
>相続の時に税務調査が入る可能性はあるのか
>相続税を減額するために満たさなければならない決まりごととは?

◎2022/4/20

情報を更新しました。
>相続における代襲相続とは何か。その詳細について。
>有価証券の相続に対する話し合いがうまくいかない場合

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>相続開始から期限10か月で最初に着手すること
>負債のある人が亡くなった場合に使われる相続放棄

◎2022/2/30

情報を追加しました。


>血の繋がった実子の相続順位は高く定められている
>相続で問題が生じないようにするために遺言状を

◎2022/1/25

情報を更新しました。
>相続対策は早い時期から始めるのがおすすめ
>相続税を安く抑える秘訣は?いざという時に焦らないために!

◎2021/12/21

情報を更新しました。
>相続トラブルを避けるために認知症対策が重要
>相続トラブルを回避するための遺言書制作のポイント

◎2021/11/29

情報を更新しました。
>相続出来る人は何親等まで認められているのか
>相続にあたっては負の遺産がないかどうかを確認する

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>相続の権利が取り消しになるのはどんな場合か
>相続に関してはセミナーに参加して色々と情報を集める

◎2021/10/7

情報を更新しました。
>相続問題を早急に解決したいなら弁護士に相談
>相続の問題は頼れる弁護士に解決してもらう
>相続の法的手続きは弁護士や司法書士に依頼するべき
>法定相続人も知らなかった故人のFX口座で追証金が発生した時
>相続問題を法律事務所の弁護士に相談することのメリット
>相続には遺産分割協議書の作成が必要になります

◎2021/6/28

借金がある場合は相続放棄
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

金額についてのポイント
の情報を更新しました。

◎2021/4/13

税の基礎控除計算方法
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

相続放棄という選択肢
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

相続で発生する費用の種類
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

相続放棄の手続きができる期間
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

相続財産を承継する場合
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

税理士に相談するコツ
の情報を更新しました。

◎2020/10/12

相続対象となる内容は範囲が広い
の情報を更新しました。

◎2020/9/1

売れない土地で相続問題が深刻化
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

子供に希望通りの相続を
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

相続に困ったら寄付で対応
の情報を更新しました。

◎2020/4/3

固定資産を相続した場合の減価償却
の情報を更新しました。

◎2020/3/4

借金などの負の財産
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

事業の相続に関する考え方
の情報を更新しました。

◎2020/1/9

不葛生の相続人がいる場合の決め方
の情報を更新しました。

◎2019/12/12

株式などは死亡日を基準に計算
の情報を更新しました。

◎2019/11/21

再婚後の相続でもめない為に
の情報を更新しました。

◎2019/4/2

事業の引継ぎ
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

相続手続には印鑑証明が必要
の情報を更新しました。

◎2018/12/21

遺産相続を放棄したい場合
の情報を更新しました。

◎2018/10/22

未成年が相続するときの問題点
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

遺産相続協議を穏便に済ませる
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 遺産」
に関連するツイート
Twitter

昨日、親父が自分の遺産を俺たち(3兄妹)にこれくらい用意してるからそのつもりでとかなりの額を残してくれることが判明した。親父がすげぇと思う反面、今すぐ相続してくれと思ったおれは汚ねぇ息子です。ごめんお父さん🤑

こんなふうにずっと夫の迷惑であり続けた場合であっても遺産相続できちゃうのが結婚制度の醍醐味。この醍醐味を内縁とか同性とかが享受させろと求めるのが現代だ。

こっちは嫁いできた人だからまともに関与できないんだからまじめに考えてくれないと困るんだって 遺産相続2年以上無駄な弁護士費用だらだら払って続けてなんも話すすまないままで 我関せずを貫き通すのは勝手だけど家庭がある自覚なさすぎなんだよいつまで一人暮らし気分なの

出会い系サイトから「延滞料金が78万円あります」って迷惑メールと「遺産相続の200万円お譲りします」って迷惑メールが来たけど、仲介するから俺の延滞料金払っといてくれ。

返信先:うわぁ…要らないものばかりですねぇ…!😱 似たような人種が身内にいたのでちょっと思ったのですが、おそらく最後に切ってくるカードが遺産相続ですけど、どうせロクなもんくれない&遺書でわざわざイラつく言葉を投げつけてくるので、逃げ切る準備をしたほうがいいかもです😅